Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kksf/kksf.co.jp/public_html/wp-content/plugins/revslider/includes/operations.class.php on line 2695

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kksf/kksf.co.jp/public_html/wp-content/plugins/revslider/includes/operations.class.php on line 2699

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kksf/kksf.co.jp/public_html/wp-content/plugins/revslider/includes/output.class.php on line 3581
健康な生活 アーカイブ - 家光清風 Skip to content

健康な生活

私の心と家の植物たち

オフィスと住まいを兼ねた私の家には、たくさんの植物たちが同居しています。 植物たちは、私の仕事仲間であり私の友人でもあります。 時には私のセラピストも担当してくれます。   毎日の水やりは、とても大事な時間で心 […]

住まいの香り

「住まいの香り」 あなたは、この題名から何を連想しますか? 芳香剤の匂いでしょうか? 新築の匂いでしょうか?   さて、私は化学物質過敏症で苦しんだ過去があります。 ですから、香りには普通の人より、かなり敏感な […]

『ゆでガエル』になっていませんか?

『ゆでガエル』の法則というのを知っていますか? 一匹のカエルをお水に入れてゆっくりと温め始めます。 別のカエルを熱湯に入れます。 熱湯のカエルは跳び出して助かるけれども、お水に入ってゆっくりと温められるカエルは気づかずに […]

あなたにとって幸せな住まいとは?

あなたにとって幸せの住まいとは? 住まいは幸せを育む場です。 今の住まいは、幸せを育む場になっていますか? あなたにとっての幸せの住まいの定義を一度はじっくりと考えてみませんか? たとえ賃貸住宅だったとしても、住まいは人 […]

冬の住まいと風と星空と

風というとあなたは何を想像しますか? 今の季節なら寒い北風、強風、からっ風、木枯らし、隙間風など、冬の風は寒さを連想させる言葉ですね。 風は空気の動きのことです。 空気は目には見えないので、家の中での空気の動きや流れを考 […]

吹抜けのあるリビングは家族をつなぐ

吹抜けのあるリビングが好きです。 人が気持ちが良いと思える空間づくりです。   吹抜けがあると、同じ広さでも人間はその倍くらいの広さを感じることができます。 広さだけでなく人間の錯覚を利用して空間をつくります。 […]

住まいで問題解決!

人生は「自分の物語」を自作自演しているようなものです。 全ての人が「自分の物語」の舞台俳優で、舞台監督、脚本家です。 住まいは言わば、人生の「舞台セット」です。 「自分の物語」の舞台セットは自分の心の中の投影です。 今の […]

快適な住まいの弊害??

「快適な住まい」とは・・・? あなたにとって快適な住まいとは、どんな住まいをイメージするでしょうか? あなたにとって理想の住まいを思い浮かべてください。   たとえば・・・  真夏は涼しく、真冬は暖かく・・・ […]

化学物質過敏症人としての誇り

全ての人に、生まれ持った役割があると言います。 たとえそれが極悪人であったとしてもです。   私はひとりの化学物質過敏症人としての役割があると信じています。   現代は、化学物質だらけの世の中です。 […]

排除するから価値を認めていくことへ

私は化学物質過敏症になってから 「世の中の化学物質は全て自分の敵!」 「化学物質は自分の身体を害するもの!」と、いう固定観念が出来上がっていました。 無理もありません。 空気中の化学物質を吸い込むと 突然、気を失ったっり […]

私自身が化学物質過敏症で15年間苦しんだ経験から、現代社会で健やかに生きていくための方法を、独自に切り開きました。

その方法を、化学物質過敏症の専門サイト「カナリア相談室」で分かち合っていますので、よろしければ御覧ください。

一番上に戻る