Skip to content

住まいの香り

「住まいの香り」

あなたは、この題名から何を連想しますか?

芳香剤の匂いでしょうか?

新築の匂いでしょうか?

 

さて、私は化学物質過敏症で苦しんだ過去があります。

ですから、香りには普通の人より、かなり敏感な性質を持っています。

化学物質過敏症になったからこそ

どの香りが自然の香りで、どの香りが化学物質の香りであるかを識別できるようになりました。

化学物質過敏症の時に、この相対する2つの香りを識別できないと人体に影響が出て倒れてしまうからです。

 

自然の香りは私の脳に有効に働き、私を健康へ導く役割をしてくれます。

反対に、化学物質の香りは私の脳機能を麻痺させて身体に悪影響を及ぼします。

自然の香りと化学物質の香りを識別できる能力があれば、健康に導く香りか、危険な香りかを素早く察知することができます。

2つの相反する香りを識別することで、今も私は自分の身を守っています。

化学物質の匂いに慣れ親しんだ現代人は、化学物質の香りと自然の香りを識別することは、とても難しいことです。

あなたも自分の身を守るため、この2つの香りの違いを識別できる能力を養うことが重要です。

 

私たち現代人は自分の身を守るために、臭覚も含めて五感を養うことが重要です。

現代では、五感を使う機会が失われて臭覚も鈍感になってしまいました。

ですから鈍感になった五感を研ぎ澄ます必要があります。

鈍感な五感も多いに活用する機会があれば能力はまた開花します。

 

私は森に良く行きます。

森が大好きです。

森林浴は私をストレスから開放して、身体中の細胞を元気にしてくれます。

人間も動物ですから、自然の中に身を置くことが健康のために重要です。

現代人が五感を研ぎ澄ますためには、自然に身を置き身体全体の五感をフル活用して感じることが有効な手段です。

森の香りは私の脳を活性化して新たな息吹をもたらします。

 

一方、あなたの家の中、住宅建材や家具、洗剤や芳香剤などの化学物質の香りはいかがでしょうか?

イライラを引き起こし、脳を麻痺させます。

芳香剤など慣れ親しんだ化学物質の匂いを良い匂いと勘違いしている人の方が多いかもしれません。

最近は、化学物質の匂いで体調を崩す人が増えて香害と言われています。

もちろん個人差がありますので、全ての人に悪い症状は出ません。

が、脳科学の研究では、全ての人の脳に悪影響を及ぼしている結果が出ています。

私は化学物質濃度が濃い場所では気分が悪くなり、倒れてしまいます。

 

今、あなたの家の中では、自然の香りを感じることができるでしょうか?

ほとんどが化学物質に囲まれた生活が普通ですから自然の香りを感じることは難しいのではないでしょうか?

現代社会では、特に意識して自然を取り入れることをしなければ、家の中で自然の香りを感じることはできません。

壁も床も家具も電化製品も洗剤もそして身の回りの空気も・・・・。

便利という物、全てが化学物質で汚染されています。

 

私が人体に良い香り=自然の香りにこだわるのは、

化学物質過敏症の時に、香り全てを全否定した経緯があるからかもしれません。

辛い時は、全ての香りが私の敵のように思えた時期がありました。

ですから、あえて自然の香りに着目したい気持ちがあるのだと思います。

化学物質という悪い香りに焦点を当てるのではなく、

自然の良い香りに着目していくだけで、化学物質過敏症が改善された体験があるからです。

 

私たちを健康に導いてくれる自然の香りは、私たちの強い味方です。

あなたも健康に導く自然の香りを毎日の生活に上手に取り入れて健やかな毎日を過ごしませんか?

一軒でも多くの住まいの香りが、できる限り森の香りに近くなることが私の切なる願いです。

 

住まいで森林浴ができる家!

みんなが元気になる秘訣です。

家光清風ニュースレター

ご登録いただけますと、家光清風の最新情報をメールでお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一番上に戻る