Skip to content

枝付き桧と住まう

枝付き桧がリビングにあると、なぜか心が和み癒されます。

桧を見ているだけで桧が森で100年近く生きてきた歴史を感じることができます。

ほのかに香る匂いは森林浴で実証されてるように人間の脳に作用する働きがあって自律神経を整えてくれます。

さわってみると工業製品にはない温かみや優しさを感じることができます。

木は切られて木材になっても、第二の人生を生きています。

木の細胞は呼吸をしているからです。

 

枝付き桧がリビングにあると、大きっくて邪魔なのに誰も邪魔な感覚にはなりません。

その存在感に圧倒されますが、邪魔と思わないのが不思議ですね。

森で木を邪魔だと思わないのと同じでしょうか?

 

枝付き桧がリビングにあると、なぜかぶら下がってみたくなったり、登ってみたくなったりします。

人間が木と共に暮らしてきた過去がDNAに残っているからでしょうか?

つい最近まで子どもたちは近くの大木に登ったりぶら下がったりして遊ぶことは普通なことでした。

近年、木に登ることは特別なことになりました。

最近の子どもだって、木に登りたいのです。

そう!大人だって、木に登りたい!

リビングから2階まで吹抜けていれば、枝付き桧に登って2階まで登ることができます。

上からの眺めは、いつもの日常とは違うリビングの景色を見せてくれるでしょう。

 

枝付き桧が毎日の生活の中にあれば、楽しみが無限に広がります。

住まいの中に楽しさがあったり、自然とのふれあいがあることで、人間の脳に良い影響をもたらします。

自然とのふれあいは子どもを安らかに成長させることでしょう。

大人も忙しい毎日のストレスから解消されることでしょう。

自然とのふれあいを毎日の生活の中に楽しみと共にいざなうのが私の住まいづくりです。

人々に多くの恵みを提供してくれる木に改めて感謝!

家光清風ニュースレター

ご登録いただけますと、家光清風の最新情報をメールでお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一番上に戻る